タダラフィル作用機序レビトラ効果鍗冲姽 鎬?ed 钖仚銇广仸銇偅鑰呫亴鏄庣⒑銇憘鍙栥仹銇? 銉儞銉堛儵銈搞偋銉嶃偗銉几鍏?浠h鎮h€呫亴鍓茬ぜ銇晱椤屻倰瑙f焙銇椼仧寰? 銉儞銉堛儵銈搞偋銉嶃偗銉唬琛屾€х敓娲汇倓鍒烘縺銈掑彈銇戙仾銇勩倛銇嗐伀銇? 鍕冭捣闅滃鍓茬ぜ銇渶閬┿仾鐥呴櫌銇仼銇撱仹銇欍亱

タダラフィルニプロ精液の血漿生化学は、精液の組成から始まります。精液は2つの部分に分けられます。1つは形成された要素の精子の5%であり、もう1つは精液と呼ばれる非形成部分の95%です。その中で、60%は精嚢液、30%は前立腺液、残りの5%は尿道腺と尿道腺液です。精漿の生化学における精子の数、活力および生存率は、精漿の生化学的組成、生化学的特性、およびPH値と密接に関連しています。たとえば、特定の濃度の亜鉛は、精巣の正常な発達、精子形成と精子の運動性のプロセスに影響を与え、亜鉛は精子の核と染色体を安定させる効果を持っています。長期的な亜鉛欠乏症は、性腺機能低下症と性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。クエン酸は前立腺の主要な分泌物です。栄養価の高い精子があり、精液の液化プロセスに参加し、精液の浸透圧を一定に保ち、適切な酸性度を維持して精子の正常な生存環境を確保し、精子の運動に重要な役割を果たします。クエン酸は、アンドロゲン分泌状態を判断し、前立腺機能を評価するための重要な指標です。第二に、精漿の生化学的指標の決定は、不妊症の治療にとって重要な指針となる重要性を持っていますたとえば、酸性ホスファターゼは、前立腺細胞から分泌される糖タンパク質であり、前立腺機能の重要な指標です。前立腺炎の酸性ホスファターゼの含有量は減少し、精液の液化が異常な場合、精漿の酸性ホスファターゼの含有量は大幅に減少します。酸性ホスファターゼの含有量は、前立腺肥大または初期の前立腺悪性腫瘍で増加します。精漿生化学検査で検出された果糖は、精子の主なエネルギー源です。精嚢腺が機能不全になると、精液の総量が必然的に減少し、精液中の果糖含有量も減少します。果糖が少ないと、精子の運動が不十分になり、不妊になります。さらに、無精子症の患者では、フルクトース含有量を測定して、先天性精嚢腺の低形成であるか未発達であるかを決定します。テストステロンのレベルはフルクトースホワイトの分泌に影響を与えるため、フルクトースの濃度は精巣間質細胞の機能を間接的に反映します。虫垂は男性の生殖に重要な役割を果たし、生殖の経路であるだけでなく、精子が熱くなる場所でもあります。抗精子抗体は、正常な血液精巣関門の破壊によるもので、精子抗体の自己産生と免疫不妊につながります。それらの中で、それは精漿および血清中に見出され得、そしてそれが精漿生化学において起こる場合、臨床的重要性はより大きい。日常的に正常な精液を持つ一部の患者では、この指標を確認する必要があります。その他の原因不明の精液無力症も、免疫不妊症を除外するために確認できます。前立腺特異抗原は、前立腺腫瘍の特定のマーカーではなく、前立腺から分泌される精液液化プロテアーゼです。これは、精液の液化プロセスに関与します。したがって、液化しない患者の場合、このインジケーターを確認することで、疾患の場所と原因を特定するのに役立ちます。治療効果のレビュー指標です。コンピューター化された精液ルーチンの最大の欠点は、若いニワトリの精子と白血球を区別できないことです。これにより、精液中の大量のWBCが精子の活力を阻害するため、正常な精液が不妊になります。さらに、一部の炎症性不妊症患者では、抗菌治療と抗炎症治療の効果を判断するための治療効果観察指標として使用できます。第三に、精漿生化学の使用により、いくつかの有害な検査が回避されます。たとえば、閉塞性無精子症の測定には、輸精管が過去に使用されていました。この検査は高価で、損傷しており、抗精子抗体を産生する傾向があり、虫垂の閉塞にも役立ちます無力。精漿の生化学的指標の使用は、ほとんど費用がかからず、損傷もなく、細かい経路全体を要約できます。 α-グルコシダーゼは主に虫垂により産生され、これは虫垂の特定の酵素と標識酵素であり、虫垂の機能的指標です。酵素は虫垂に関連する特定の不妊症のためのものです。閉塞性無精子症など、特定の診断値があります。輸精管の閉塞によって引き起こされる無精子症と精巣の精子形成障害を区別することは決定的な重要性を持っています。

バイアグラ ジェネリック シアリスジェネリック通販 ViagJp シアリス 硬さ ed薬 比較 硬さ 精液の血漿生化学は、精液の組成から始まります。精液は2つの部分に分けられます。1つは形成された要素の精子の5%であり、もう1つは精液と呼ばれる非形成部分の95%です。その中で、60%は精嚢液、30%は前立腺液、残りの5%は尿道腺と尿道腺液です。精漿の生化学における精子の数、活力および生存率は、精漿の生化学的組成、生化学的特性、およびPH値と密接に関連しています。たとえば、特定の濃度の亜鉛は、精巣の正常な発達、精子形成と精子の運動性のプロセスに影響を与え、亜鉛は精子の核と染色体を安定させる効果を持っています。長期的な亜鉛欠乏症は、性腺機能低下症と性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。クエン酸は前立腺の主要な分泌物です。栄養価の高い精子があり、精液の液化プロセスに参加し、精液の浸透圧を一定に保ち、適切な酸性度を維持して精子の正常な生存環境を確保し、精子の運動に重要な役割を果たします。クエン酸は、アンドロゲン分泌状態を判断し、前立腺機能を評価するための重要な指標です。第二に、精漿の生化学的指標の決定は、不妊症の治療にとって重要な指針となる重要性を持っていますたとえば、酸性ホスファターゼは、前立腺細胞から分泌される糖タンパク質であり、前立腺機能の重要な指標です。前立腺炎の酸性ホスファターゼの含有量は減少し、精液の液化が異常な場合、精漿の酸性ホスファターゼの含有量は大幅に減少します。酸性ホスファターゼの含有量は、前立腺肥大または初期の前立腺悪性腫瘍で増加します。精漿生化学検査で検出された果糖は、精子の主なエネルギー源です。精嚢腺が機能不全になると、精液の総量が必然的に減少し、精液中の果糖含有量も減少します。果糖が少ないと、精子の運動が不十分になり、不妊になります。さらに、無精子症の患者では、フルクトース含有量を測定して、先天性精嚢腺の低形成であるか未発達であるかを決定します。テストステロンのレベルはフルクトースホワイトの分泌に影響を与えるため、フルクトースの濃度は精巣間質細胞の機能を間接的に反映します。虫垂は男性の生殖に重要な役割を果たし、生殖の経路であるだけでなく、精子が熱くなる場所でもあります。抗精子抗体は、正常な血液精巣関門の破壊によるもので、精子抗体の自己産生と免疫不妊につながります。それらの中で、それは精漿および血清中に見出され得、そしてそれが精漿生化学において起こる場合、臨床的重要性はより大きい。日常的に正常な精液を持つ一部の患者では、この指標を確認する必要があります。その他の原因不明の精液無力症も、免疫不妊症を除外するために確認できます。前立腺特異抗原は、前立腺腫瘍の特定のマーカーではなく、前立腺から分泌される精液液化プロテアーゼです。これは、精液の液化プロセスに関与します。したがって、液化しない患者の場合、このインジケーターを確認することで、疾患の場所と原因を特定するのに役立ちます。治療効果のレビュー指標です。コンピューター化された精液ルーチンの最大の欠点は、若いニワトリの精子と白血球を区別できないことです。これにより、精液中の大量のWBCが精子の活力を阻害するため、正常な精液が不妊になります。さらに、一部の炎症性不妊症患者では、抗菌治療と抗炎症治療の効果を判断するための治療効果観察指標として使用できます。第三に、精漿生化学の使用により、いくつかの有害な検査が回避されます。たとえば、閉塞性無精子症の測定には、輸精管が過去に使用されていました。この検査は高価で、損傷しており、抗精子抗体を産生する傾向があり、虫垂の閉塞にも役立ちます無力。精漿の生化学的指標の使用は、ほとんど費用がかからず、損傷もなく、細かい経路全体を要約できます。 α-グルコシダーゼは主に虫垂により産生され、これは虫垂の特定の酵素と標識酵素であり、虫垂の機能的指標です。酵素は虫垂に関連する特定の不妊症のためのものです。閉塞性無精子症など、特定の診断値があります。輸精管の閉塞によって引き起こされる無精子症と精巣の精子形成障害を区別することは決定的な重要性を持っています。 レビトラ 再開 銉儞銉堛儵 鍐嶉枊瑷樿€呫伅宸ュ晢灞€銇构閮ㄣ倰鐭ャ仯銇︺亰銈? 銉儞銉堛儵 鍓綔鐢ㄥ銇ㄣ伄銈汇儍銈偣銇儏鐔便亴銇亸 スバル医院-性行為感染症・ED治療 精液の血漿生化学は、精液の組成から始まります。精液は2つの部分に分けられます。1つは形成された要素の精子の5%であり、もう1つは精液と呼ばれる非形成部分の95%です。その中で、60%は精嚢液、30%は前立腺液、残りの5%は尿道腺と尿道腺液です。精漿の生化学における精子の数、活力および生存率は、精漿の生化学的組成、生化学的特性、およびPH値と密接に関連しています。たとえば、特定の濃度の亜鉛は、精巣の正常な発達、精子形成と精子の運動性のプロセスに影響を与え、亜鉛は精子の核と染色体を安定させる効果を持っています。長期的な亜鉛欠乏症は、性腺機能低下症と性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。クエン酸は前立腺の主要な分泌物です。栄養価の高い精子があり、精液の液化プロセスに参加し、精液の浸透圧を一定に保ち、適切な酸性度を維持して精子の正常な生存環境を確保し、精子の運動に重要な役割を果たします。クエン酸は、アンドロゲン分泌状態を判断し、前立腺機能を評価するための重要な指標です。第二に、精漿の生化学的指標の決定は、不妊症の治療にとって重要な指針となる重要性を持っていますたとえば、酸性ホスファターゼは、前立腺細胞から分泌される糖タンパク質であり、前立腺機能の重要な指標です。前立腺炎の酸性ホスファターゼの含有量は減少し、精液の液化が異常な場合、精漿の酸性ホスファターゼの含有量は大幅に減少します。酸性ホスファターゼの含有量は、前立腺肥大または初期の前立腺悪性腫瘍で増加します。精漿生化学検査で検出された果糖は、精子の主なエネルギー源です。精嚢腺が機能不全になると、精液の総量が必然的に減少し、精液中の果糖含有量も減少します。果糖が少ないと、精子の運動が不十分になり、不妊になります。さらに、無精子症の患者では、フルクトース含有量を測定して、先天性精嚢腺の低形成であるか未発達であるかを決定します。テストステロンのレベルはフルクトースホワイトの分泌に影響を与えるため、フルクトースの濃度は精巣間質細胞の機能を間接的に反映します。虫垂は男性の生殖に重要な役割を果たし、生殖の経路であるだけでなく、精子が熱くなる場所でもあります。抗精子抗体は、正常な血液精巣関門の破壊によるもので、精子抗体の自己産生と免疫不妊につながります。それらの中で、それは精漿および血清中に見出され得、そしてそれが精漿生化学において起こる場合、臨床的重要性はより大きい。日常的に正常な精液を持つ一部の患者では、この指標を確認する必要があります。その他の原因不明の精液無力症も、免疫不妊症を除外するために確認できます。前立腺特異抗原は、前立腺腫瘍の特定のマーカーではなく、前立腺から分泌される精液液化プロテアーゼです。これは、精液の液化プロセスに関与します。したがって、液化しない患者の場合、このインジケーターを確認することで、疾患の場所と原因を特定するのに役立ちます。治療効果のレビュー指標です。コンピューター化された精液ルーチンの最大の欠点は、若いニワトリの精子と白血球を区別できないことです。これにより、精液中の大量のWBCが精子の活力を阻害するため、正常な精液が不妊になります。さらに、一部の炎症性不妊症患者では、抗菌治療と抗炎症治療の効果を判断するための治療効果観察指標として使用できます。第三に、精漿生化学の使用により、いくつかの有害な検査が回避されます。たとえば、閉塞性無精子症の測定には、輸精管が過去に使用されていました。この検査は高価で、損傷しており、抗精子抗体を産生する傾向があり、虫垂の閉塞にも役立ちます無力。精漿の生化学的指標の使用は、ほとんど費用がかからず、損傷もなく、細かい経路全体を要約できます。 α-グルコシダーゼは主に虫垂により産生され、これは虫垂の特定の酵素と標識酵素であり、虫垂の機能的指標です。酵素は虫垂に関連する特定の不妊症のためのものです。閉塞性無精子症など、特定の診断値があります。輸精管の閉塞によって引き起こされる無精子症と精巣の精子形成障害を区別することは決定的な重要性を持っています。 ed薬 比較 硬さ 精液の血漿生化学は、精液の組成から始まります。精液は2つの部分に分けられます。1つは形成された要素の精子の5%であり、もう1つは精液と呼ばれる非形成部分の95%です。その中で、60%は精嚢液、30%は前立腺液、残りの5%は尿道腺と尿道腺液です。精漿の生化学における精子の数、活力および生存率は、精漿の生化学的組成、生化学的特性、およびPH値と密接に関連しています。たとえば、特定の濃度の亜鉛は、精巣の正常な発達、精子形成と精子の運動性のプロセスに影響を与え、亜鉛は精子の核と染色体を安定させる効果を持っています。長期的な亜鉛欠乏症は、性腺機能低下症と性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。クエン酸は前立腺の主要な分泌物です。栄養価の高い精子があり、精液の液化プロセスに参加し、精液の浸透圧を一定に保ち、適切な酸性度を維持して精子の正常な生存環境を確保し、精子の運動に重要な役割を果たします。クエン酸は、アンドロゲン分泌状態を判断し、前立腺機能を評価するための重要な指標です。第二に、精漿の生化学的指標の決定は、不妊症の治療にとって重要な指針となる重要性を持っていますたとえば、酸性ホスファターゼは、前立腺細胞から分泌される糖タンパク質であり、前立腺機能の重要な指標です。前立腺炎の酸性ホスファターゼの含有量は減少し、精液の液化が異常な場合、精漿の酸性ホスファターゼの含有量は大幅に減少します。酸性ホスファターゼの含有量は、前立腺肥大または初期の前立腺悪性腫瘍で増加します。精漿生化学検査で検出された果糖は、精子の主なエネルギー源です。精嚢腺が機能不全になると、精液の総量が必然的に減少し、精液中の果糖含有量も減少します。果糖が少ないと、精子の運動が不十分になり、不妊になります。さらに、無精子症の患者では、フルクトース含有量を測定して、先天性精嚢腺の低形成であるか未発達であるかを決定します。テストステロンのレベルはフルクトースホワイトの分泌に影響を与えるため、フルクトースの濃度は精巣間質細胞の機能を間接的に反映します。虫垂は男性の生殖に重要な役割を果たし、生殖の経路であるだけでなく、精子が熱くなる場所でもあります。抗精子抗体は、正常な血液精巣関門の破壊によるもので、精子抗体の自己産生と免疫不妊につながります。それらの中で、それは精漿および血清中に見出され得、そしてそれが精漿生化学において起こる場合、臨床的重要性はより大きい。日常的に正常な精液を持つ一部の患者では、この指標を確認する必要があります。その他の原因不明の精液無力症も、免疫不妊症を除外するために確認できます。前立腺特異抗原は、前立腺腫瘍の特定のマーカーではなく、前立腺から分泌される精液液化プロテアーゼです。これは、精液の液化プロセスに関与します。したがって、液化しない患者の場合、このインジケーターを確認することで、疾患の場所と原因を特定するのに役立ちます。治療効果のレビュー指標です。コンピューター化された精液ルーチンの最大の欠点は、若いニワトリの精子と白血球を区別できないことです。これにより、精液中の大量のWBCが精子の活力を阻害するため、正常な精液が不妊になります。さらに、一部の炎症性不妊症患者では、抗菌治療と抗炎症治療の効果を判断するための治療効果観察指標として使用できます。第三に、精漿生化学の使用により、いくつかの有害な検査が回避されます。たとえば、閉塞性無精子症の測定には、輸精管が過去に使用されていました。この検査は高価で、損傷しており、抗精子抗体を産生する傾向があり、虫垂の閉塞にも役立ちます無力。精漿の生化学的指標の使用は、ほとんど費用がかからず、損傷もなく、細かい経路全体を要約できます。 α-グルコシダーゼは主に虫垂により産生され、これは虫垂の特定の酵素と標識酵素であり、虫垂の機能的指標です。酵素は虫垂に関連する特定の不妊症のためのものです。閉塞性無精子症など、特定の診断値があります。輸精管の閉塞によって引き起こされる無精子症と精巣の精子形成障害を区別することは決定的な重要性を持っています。 れびとら 口コミ タダラフィル後発品 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。タダラフィル後発品 シアリスジェネリック 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 精液の血漿生化学は、精液の組成から始まります。精液は2つの部分に分けられます。1つは形成された要素の精子の5%であり、もう1つは精液と呼ばれる非形成部分の95%です。その中で、60%は精嚢液、30%は前立腺液、残りの5%は尿道腺と尿道腺液です。精漿の生化学における精子の数、活力および生存率は、精漿の生化学的組成、生化学的特性、およびPH値と密接に関連しています。たとえば、特定の濃度の亜鉛は、精巣の正常な発達、精子形成と精子の運動性のプロセスに影響を与え、亜鉛は精子の核と染色体を安定させる効果を持っています。長期的な亜鉛欠乏症は、性腺機能低下症と性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。クエン酸は前立腺の主要な分泌物です。栄養価の高い精子があり、精液の液化プロセスに参加し、精液の浸透圧を一定に保ち、適切な酸性度を維持して精子の正常な生存環境を確保し、精子の運動に重要な役割を果たします。クエン酸は、アンドロゲン分泌状態を判断し、前立腺機能を評価するための重要な指標です。第二に、精漿の生化学的指標の決定は、不妊症の治療にとって重要な指針となる重要性を持っていますたとえば、酸性ホスファターゼは、前立腺細胞から分泌される糖タンパク質であり、前立腺機能の重要な指標です。前立腺炎の酸性ホスファターゼの含有量は減少し、精液の液化が異常な場合、精漿の酸性ホスファターゼの含有量は大幅に減少します。酸性ホスファターゼの含有量は、前立腺肥大または初期の前立腺悪性腫瘍で増加します。精漿生化学検査で検出された果糖は、精子の主なエネルギー源です。精嚢腺が機能不全になると、精液の総量が必然的に減少し、精液中の果糖含有量も減少します。果糖が少ないと、精子の運動が不十分になり、不妊になります。さらに、無精子症の患者では、フルクトース含有量を測定して、先天性精嚢腺の低形成であるか未発達であるかを決定します。テストステロンのレベルはフルクトースホワイトの分泌に影響を与えるため、フルクトースの濃度は精巣間質細胞の機能を間接的に反映します。虫垂は男性の生殖に重要な役割を果たし、生殖の経路であるだけでなく、精子が熱くなる場所でもあります。抗精子抗体は、正常な血液精巣関門の破壊によるもので、精子抗体の自己産生と免疫不妊につながります。それらの中で、それは精漿および血清中に見出され得、そしてそれが精漿生化学において起こる場合、臨床的重要性はより大きい。日常的に正常な精液を持つ一部の患者では、この指標を確認する必要があります。その他の原因不明の精液無力症も、免疫不妊症を除外するために確認できます。前立腺特異抗原は、前立腺腫瘍の特定のマーカーではなく、前立腺から分泌される精液液化プロテアーゼです。これは、精液の液化プロセスに関与します。したがって、液化しない患者の場合、このインジケーターを確認することで、疾患の場所と原因を特定するのに役立ちます。治療効果のレビュー指標です。コンピューター化された精液ルーチンの最大の欠点は、若いニワトリの精子と白血球を区別できないことです。これにより、精液中の大量のWBCが精子の活力を阻害するため、正常な精液が不妊になります。さらに、一部の炎症性不妊症患者では、抗菌治療と抗炎症治療の効果を判断するための治療効果観察指標として使用できます。第三に、精漿生化学の使用により、いくつかの有害な検査が回避されます。たとえば、閉塞性無精子症の測定には、輸精管が過去に使用されていました。この検査は高価で、損傷しており、抗精子抗体を産生する傾向があり、虫垂の閉塞にも役立ちます無力。精漿の生化学的指標の使用は、ほとんど費用がかからず、損傷もなく、細かい経路全体を要約できます。 α-グルコシダーゼは主に虫垂により産生され、これは虫垂の特定の酵素と標識酵素であり、虫垂の機能的指標です。酵素は虫垂に関連する特定の不妊症のためのものです。閉塞性無精子症など、特定の診断値があります。輸精管の閉塞によって引き起こされる無精子症と精巣の精子形成障害を区別することは決定的な重要性を持っています。.

精液の血漿生化学は、精液の組成から始まります。精液は2つの部分に分けられます。1つは形成された要素の精子の5%であり、もう1つは精液と呼ばれる非形成部分の95%です。その中で、60%は精嚢液、30%は前立腺液、残りの5%は尿道腺と尿道腺液です。精漿の生化学における精子の数、活力および生存率は、精漿の生化学的組成、生化学的特性、およびPH値と密接に関連しています。たとえば、特定の濃度の亜鉛は、精巣の正常な発達、精子形成と精子の運動性のプロセスに影響を与え、亜鉛は精子の核と染色体を安定させる効果を持っています。長期的な亜鉛欠乏症は、性腺機能低下症と性腺機能低下症を引き起こす可能性があります。クエン酸は前立腺の主要な分泌物です。栄養価の高い精子があり、精液の液化プロセスに参加し、精液の浸透圧を一定に保ち、適切な酸性度を維持して精子の正常な生存環境を確保し、精子の運動に重要な役割を果たします。クエン酸は、アンドロゲン分泌状態を判断し、前立腺機能を評価するための重要な指標です。第二に、精漿の生化学的指標の決定は、不妊症の治療にとって重要な指針となる重要性を持っていますたとえば、酸性ホスファターゼは、前立腺細胞から分泌される糖タンパク質であり、前立腺機能の重要な指標です。前立腺炎の酸性ホスファターゼの含有量は減少し、精液の液化が異常な場合、精漿の酸性ホスファターゼの含有量は大幅に減少します。酸性ホスファターゼの含有量は、前立腺肥大または初期の前立腺悪性腫瘍で増加します。精漿生化学検査で検出された果糖は、精子の主なエネルギー源です。精嚢腺が機能不全になると、精液の総量が必然的に減少し、精液中の果糖含有量も減少します。果糖が少ないと、精子の運動が不十分になり、不妊になります。さらに、無精子症の患者では、フルクトース含有量を測定して、先天性精嚢腺の低形成であるか未発達であるかを決定します。テストステロンのレベルはフルクトースホワイトの分泌に影響を与えるため、フルクトースの濃度は精巣間質細胞の機能を間接的に反映します。虫垂は男性の生殖に重要な役割を果たし、生殖の経路であるだけでなく、精子が熱くなる場所でもあります。抗精子抗体は、正常な血液精巣関門の破壊によるもので、精子抗体の自己産生と免疫不妊につながります。それらの中で、それは精漿および血清中に見出され得、そしてそれが精漿生化学において起こる場合、臨床的重要性はより大きい。日常的に正常な精液を持つ一部の患者では、この指標を確認する必要があります。その他の原因不明の精液無力症も、免疫不妊症を除外するために確認できます。前立腺特異抗原は、前立腺腫瘍の特定のマーカーではなく、前立腺から分泌される精液液化プロテアーゼです。これは、精液の液化プロセスに関与します。したがって、液化しない患者の場合、このインジケーターを確認することで、疾患の場所と原因を特定するのに役立ちます。治療効果のレビュー指標です。コンピューター化された精液ルーチンの最大の欠点は、若いニワトリの精子と白血球を区別できないことです。これにより、精液中の大量のWBCが精子の活力を阻害するため、正常な精液が不妊になります。さらに、一部の炎症性不妊症患者では、抗菌治療と抗炎症治療の効果を判断するための治療効果観察指標として使用できます。第三に、精漿生化学の使用により、いくつかの有害な検査が回避されます。たとえば、閉塞性無精子症の測定には、輸精管が過去に使用されていました。この検査は高価で、損傷しており、抗精子抗体を産生する傾向があり、虫垂の閉塞にも役立ちます無力。精漿の生化学的指標の使用は、ほとんど費用がかからず、損傷もなく、細かい経路全体を要約できます。 α-グルコシダーゼは主に虫垂により産生され、これは虫垂の特定の酵素と標識酵素であり、虫垂の機能的指標です。酵素は虫垂に関連する特定の不妊症のためのものです。閉塞性無精子症など、特定の診断値があります。輸精管の閉塞によって引き起こされる無精子症と精巣の精子形成障害を区別することは決定的な重要性を持っています。シアリス 効き目